犬に歯みがきはどうして必要?

愛犬が末永く健康に暮らすためには、歯みがきが大切です。愛犬の口を開けて奥歯の裏までよく見てください。歯が黄ばんだり、茶色くなっていませんか?歯ぐきが赤かったり、口が臭かったりしませんか?3歳以上の犬の約8割は歯周病といわれており、これらが歯周病のサインなのです。重度の歯周病に進行すれば、さまざまな健康を害する危険性も高まります。健康は幸せの土台です。大切な愛犬の健康のために毎日の歯みがきが必要です。

image

3日で歯石化、あっという間に手遅れに

image

犬の歯みがきを行わず放置するとどうなるでしょう。すぐに歯垢が溜まり3〜5日で歯石になります。人間と異なり、犬の場合は歯垢から歯石になるスピードが早いのです。歯石になると家庭では除去できません。歯石化すると歯の表面が凸凹になるため、さらに歯垢がたまりやすくなります。この悪循環を放っておくと歯周病に至ります。本来、犬の歯は真っ白です。黄ばんだり、茶色に見えるのは、歯垢や歯石が付着している証拠です。愛犬の歯を見て、歯が黄ばんだり、茶色くなっていたら要注意。

3〜5日で歯垢が歯石に!※人間は約20日間 歯石のザラザラがたまりやすい環境に! 放っておくと歯周病に! 歯石になってしまうと獣医師によるクリーニングをしないと取れません。

怖い歯周病になる前に、毎日の歯みがきを

歯の表面に歯垢が付着しているうちは、毎日の歯みがきで歯垢を取り除くことができます。しかし、歯石化した場合は、動物病院で全身麻酔をして処置をしないと取り除くことができません。さらに症状が進行している場合には歯茎にメスを入れる外科的な手術を行ったり、最悪の場合は抜歯することになります。

歯周病を放置する危険はこれだけではありません。歯が抜け落ちたり、歯周病菌が血管に侵入して心臓や腎臓などに疾患を引き起こしたりする場合もあります。全身麻酔やメスを入れるのは犬の体にも負担になります。そんなことになる前に、怖い歯周病の予防には、毎日の歯みがきが必要です。

image

子犬・シニア犬にも歯みがきは必要?

子犬の時期は楽しく歯みがきに慣れさせる大チャンス!子犬のうちに慣れさせれば、成犬になっても歯みがきを続けやすいのです。シニア犬の場合は、飼い主が「もう年だから…」と歯みがきをあきらめることがあります。しかし実際はシニア犬にこそ歯みがきは必須!たしかに、今まで歯みがきをしていなかった場合、慣らすのに時間が必要な場合もあります。しかしシニア犬は免疫力が低下しているので、歯垢・歯石を放っておくと、歯周病が進行しやすく、さまざまなトラブルの原因となります。例えば口内のトラブルのため食事がとりにくくなり元気が無くなったり、健康に害を及ぼしたりします。

子犬・シニア犬にこそ歯みがきはとても大切です。今日から早速歯みがきを始めてみましょう。愛犬が慣れるまで焦らず気長に、楽しく歯みがきができるようにしましょう。

image

監修 藤田桂一先生

フジタ動物病院院長。獣医師・獣医学博士。1985年、日本獣医畜産大学(現・日本獣医生命科学大学)大学院獣医学研究科修士課程修了。動物病院勤務を経て、1988年、埼玉県上尾市で開院。2000年、日本大学大学院獣医学研究科にて獣医学博士号を取得。日本小動物歯科研究会理事をはじめ、多くの学会、研究会の委員や評議員として活躍。

image

高倉はるか先生の 「犬の歯みがき成功への道」

愛犬と心を通わせながら、"楽しい歯みがき"を目指して、一緒に頑張りましょう。

image

  • 愛犬の歯みがきを相談できる病院はこちら
  • お口の健康度をチェックしよう!

関連リンク

  • マースジャパン
  • ジャパン ケネル クラブ