歯周病とは?

歯周病の一番の特徴は、「外見からだけでは分からず、しかも犬が異変をほとんど示さない」うちに進行すること。このため、飼い主が異常に気付いた頃には、病気が進行していることが多く、結果として多くの犬が歯周病にかかってしまうのです。放っておくととても怖い病気、歯周病について解説します。

image

  • 歯周病の原因と進み方
  • 歯周病を放っておくとどうなる?
  • 歯周病の治療方法

歯周病の原因と進み方

歯周病とは?
  • 歯垢に潜むばい菌が、歯の周りの「歯周組織」に炎症を起こす病気です。
  • 犬の歯垢は3〜5日で歯石化します。
  • 歯石化すると歯の表面が凸凹になって、さらに歯垢がつきます。
  • これを放っておくと、歯垢の中のばい菌がどんどん繁殖して、歯周病になってしまうのです。
歯周病の進み方
  • 下記の図を見てください。
  • 歯周病には「歯肉炎」と「歯周炎」の2段階があります。
  • 歯肉炎の段階では、歯の表面が黄色〜茶色に見えたり、歯肉が赤く腫れたりする程度なので、あまり進行に気付きません。
  • 歯肉以外の歯の周りの組織(歯周組織)にも炎症が及ぶと歯周炎になります
  • 歯肉はますます赤く腫れ、歯垢・歯石がさらに付着。口臭や痛みも発生してきます。

歯周病が進行するプロセス

正常な状態
歯の表面は真っ白で、歯肉はきれいなピンク色をしている(色素の影響で黒っぽい場合も。)
歯肉炎
歯の表面と歯肉の間(歯肉ポケット)に歯垢や歯石が付着。細菌が繁殖して、歯肉炎が起きる。
歯周炎
歯肉ポケットが深くなって歯周ポケットに。細菌がさらに繁殖し、歯の周囲の組織を破壊していく。骨が溶け、歯がぐらついてくることも。この頃には口臭が増し、痛みも感じるようになる。

どんな犬がかかりやすい?

歯が口の中で密生し、歯垢がたまりやすい小型犬や短頭種※、シニア犬や全身性の疾患によって免疫力の低下した犬などは、歯周病になる可能性が高いといわれます。特に、歯みがきを全く行っていない場合は、年齢とともに発症する可能性が高くなります。

※ブルドッグ、パグ、ペギニーズ、チャウチャウなど頭蓋が広くて鼻口部の短い犬

監修 藤田桂一先生

フジタ動物病院院長。獣医師・獣医学博士。1985年、日本獣医畜産大学(現・日本獣医生命科学大学)大学院獣医学研究科修士課程修了。動物病院勤務を経て、1988年、埼玉県上尾市で開院。2000年、日本大学大学院獣医学研究科にて獣医学博士号を取得。日本小動物歯科研究会理事をはじめ、多くの学会、研究会の委員や評議員として活躍。

image

高倉はるか先生の 「犬の歯みがき成功への道」

愛犬と心を通わせながら、"楽しい歯みがき"を目指して、一緒に頑張りましょう。

image

  • 愛犬の歯みがきを相談できる病院はこちら
  • お口の健康度をチェックしよう!

関連リンク

  • マースジャパン
  • ジャパン ケネル クラブ