歯周病とは?

歯周病の一番の特徴は、「外見からだけでは分からず、しかも犬が異変をほとんど示さない」うちに進行すること。このため、飼い主が異常に気付いた頃には、病気が進行していることが多く、結果として多くの犬が歯周病にかかってしまうのです。放っておくととても怖い病気、歯周病について解説します。

image

  • 歯周病の原因と進み方
  • 歯周病を放っておくとどうなる?
  • 歯周病の治療方法

歯周病を放っておくとどうなる?

歯周病は放っておくとどんどん進行して、様々なトラブルを引き起こします。
歯周病は歯だけの問題ではなく、犬の健康に大きな影響を及ぼします。

  • 歯を支える骨(歯槽骨)が溶けて歯がぐらつく
  • 歯槽膿漏(しそうのうろう):歯と歯肉の間(歯周ポケット)に膿がたまり、漏れ出てくる。ここまで来ると歯を残すのが難しくなりがち。
  • 内臓疾患(ないぞうしっかん):歯周病によるばい菌が血管を通じて全身に移行して、心臓、肺、肝臓、腎臓などの疾患を引き起こす可能性も。
  • 歯瘻(しろう):歯の根の先(根尖)までばい菌が侵入すると、骨が溶けて穴できる。口の中と皮膚が貫通してしまう。
  • 口鼻瘻管(こうびろうかん):骨に穴があいて、口と鼻が貫通してしまう。
  • 下顎骨(かがくこつ)骨折:骨が溶けてしまい、硬めのものを噛んだだけで骨折してしまう。

歯周病による疾患

image歯瘻(しろう)
歯の根の先(根尖)の周囲までばい菌が侵入すると、骨が溶けてトンネルができ、そこから膿や血が出てくることがある。
(写真提供 藤田桂一先生)
image口鼻瘻管(こうびろうかん)
上のあごの犬歯で歯周病が進行し、骨に穴があいて口と鼻が貫通した状態。鼻からの出血やくしゃみなどがみられる。この写真の犬はすでに犬歯が抜けて鼻腔がみえる。
(写真提供 藤田桂一先生)
image下顎骨(かがくこつ)骨折
重度の歯周病により、骨が溶けてしまった結果、硬いものをかんだだけで骨折してしまうこともある。
(写真提供 藤田桂一先生)

監修 藤田桂一先生

フジタ動物病院院長。獣医師・獣医学博士。1985年、日本獣医畜産大学(現・日本獣医生命科学大学)大学院獣医学研究科修士課程修了。動物病院勤務を経て、1988年、埼玉県上尾市で開院。2000年、日本大学大学院獣医学研究科にて獣医学博士号を取得。日本小動物歯科研究会理事をはじめ、多くの学会、研究会の委員や評議員として活躍。

image

高倉はるか先生の 「犬の歯みがき成功への道」

愛犬と心を通わせながら、"楽しい歯みがき"を目指して、一緒に頑張りましょう。

image

  • 愛犬の歯みがきを相談できる病院はこちら
  • お口の健康度をチェックしよう!

関連リンク

  • マースジャパン
  • ジャパン ケネル クラブ