お口のトラブルに早く気づこう!

歯周病など口内のトラブルがあると、痛みや口の中の違和感で食事がとりにくくなります。ただし、犬は野生の名残なのかこうした弱みを隠す習性もあります。このため、飼い主はその異変に気がつかない場合がよくあります。早めに口内トラブルに気づくためには、愛犬の口の中や仕草に注意しましょう。愛犬の普段の行動を観察して、気になることがあったら、早めに動物病院で診てもらうことをお勧めします。大切な愛犬の健康を守るためにも、お口のトラブルは深刻な状態になる前に気づくことが重要です。

image

愛犬の口の中をチェック!

犬の歯は、元々は真っ白で歯肉はピンク色です(色素の影響で黒っぽい場合もあります)。歯の表面が黄色〜茶色っぽくなっていたり、歯肉が赤く腫れている場合は要注意。歯垢・歯石が付着し、歯肉に炎症が起きている可能性があります。特に上あごの奥歯には、歯垢・歯石が付きやすいので、よく見てチェックしてください。

  • image

    本来、犬の歯は真っ白で、歯肉はピンク色(色素の影響で黒っぽい場合も)です。
    (写真提供 藤田桂一先生)
  • 歯垢がつくと…
  • image

    歯の表面が黄色〜茶色っぽかったり、歯肉が赤く腫れていたら要注意!
    (写真提供 藤田桂一先生)

愛犬の行動・仕草をチェック!

  • 前足で口の周りを気にしている

  • 片方の目から目やにが出たり、目が充血している

  • 軟らかいものしか食べなくなった

  • 口の周りが汚れている

  • 口臭がある

  • 食事中に食べ物をよくこぼす

  • 頭をよく振る

  • 食欲はありそうだが、食べられない

  • よだれが多い

  • 口を触られるのを嫌がる

  • 片方の歯で、ものを噛んでいるようだ

  • 食事中に突然、奇声を上げる

  • 頬や顎が腫れているか、穴があいている

  • 口を床や地面にこすりつけている

  • 食後すぐに食べた物を吐き出す

  • 鼻血や鼻水が出たり、くしゃみをする

監修 藤田桂一先生

フジタ動物病院院長。獣医師・獣医学博士。1985年、日本獣医畜産大学(現・日本獣医生命科学大学)大学院獣医学研究科修士課程修了。動物病院勤務を経て、1988年、埼玉県上尾市で開院。2000年、日本大学大学院獣医学研究科にて獣医学博士号を取得。日本小動物歯科研究会理事をはじめ、多くの学会、研究会の委員や評議員として活躍。

image

高倉はるか先生の 「犬の歯みがき成功への道」

愛犬と心を通わせながら、"楽しい歯みがき"を目指して、一緒に頑張りましょう。

image

  • 愛犬の歯みがきを相談できる病院はこちら
  • お口の健康度をチェックしよう!

関連リンク

  • マースジャパン
  • ジャパン ケネル クラブ

【お口のトラブルに早く気づこう!】をご覧の皆様

愛犬のお口の健康のためには、日ごろの犬の歯みがきの習慣以外にも、口の中、行動、仕草などをこまめにチェックしてあげることが大切です。「犬の行動・仕草チェック」の項目を日ごろから気にしながら、犬の歯みがきを続けましょう。